一般的に、クレカの利用限度額をご自身が普段使う額よりゆるめに決められているとユーザーは余裕があるとあまり考えずにを使ってしまったりするようです。クレカ使用過多をコントロールするために使用できる限界額を事前に少なく決めておこう・・・というのが、これから申し上げる文の主な考え方です。利用限度額を引き下げる方法◆使っているカードの限度額をコントロールするとは月の利用限度額を多めに設定する手順とともに、なんとも簡単です。カードの背面に案内のあるコールセンターにかけて、「月の利用限度額を引き下げてください」のように担当者に対してお願いするだけです。一般には現時点でのカードの限度額と比較して低ければこれといった調査なしで電話一本で変更が可能となります。月の利用限度額を少なくしておくのは資産を守ることとも結びついている■利用限度額引き下げは自己抑制というような良いこと以外に防犯とも関連があります。もし、カードが盗まれて偽造された場合でも前もってクレジットカードの月の利用限度額をきつく決めておくなら実害を出来るだけ少なくすることもできるからなのです。ここで言っておきたいのは、たとえクレカが乱用されたような状況でもカード所有者に詐欺に加担するようなことと思えるものがなければ、盗難保険等で呼ばれるものがあなたを保護してくれるので不安を感じることはないのですけれどもしもの時のために、設定が高いならば限度額は少なくしておくのも良い方法だと思います。不要な分の利用限度額はメリットのないこととしか言えないでしょう。